悪魔の弁護人・御子柴礼司(みこしばれいじ)~贖罪(しょくざい)の奏鳴曲(ソナタ)~/第3話/見逃し配信動画|恩讐
紹介している作品は、時点の情報です。

現在は配信終了している場合もありますので、詳細は動画配信サイト公式ホームページにてご確認ください。

「悪魔の弁護人・御子柴礼司(みこしばれいじ)~贖罪(しょくざい)の奏鳴曲(ソナタ)~」第3話の見逃し配信はこちら

最新話の見逃し配信はこちら

第1話~全話までまとめて「悪魔の弁護人・御子柴礼司(みこしばれいじ)~贖罪(しょくざい)の奏鳴曲(ソナタ)~」を見るなら

\FODプレミアムなら第1話~全話すべて視聴可能/

::::: 2週間無料体験キャンペーン実施中 :::::

「FODプレミアム」はこんなサービスです。

フジテレビオンデマンド(略称:FOD)は、フジテレビジョンが運営するインターネットテレビ・電子書籍配信サービスです。

 

  • 月額976円(税込)でフジテレビ制作のドラマや映画が見放題
  • 初回2週間は無料で利用できる(クレジットカード・AmazonPay払いの場合)
  • 放送後1週間の見逃し配信は会員登録不要で見れちゃう

「悪魔の弁護人・御子柴礼司(みこしばれいじ)~贖罪(しょくざい)の奏鳴曲(ソナタ)~」第3話のネタバレ・あらすじまとめ

https://www.youtube.com/watch?v=f7etJfCn_Yc

第3話「恩讐」12月21日23:40放送

御子柴(要潤)がかつて殺人を犯した元少年Aであることが世間に知れ渡る。当然のように巻き起こる非難の嵐。そんな中、大ケガを負い入院を余儀なくされる御子柴(要潤)の元に、とあるニュースが飛びこんでくる。医療少年院時代の担当教官・稲見(勝野洋)が、入居する老人ホームで介護士の栃野守(小多田直樹)を殺害した容疑で逮捕されたというのだ。稲見は容疑を認めており、食事介助中の事件だったこともあり目撃者も多数いるという。
テレビ画面に映る稲見を睨むように見つめる御子柴。その様子に洋子(ベッキー)は不安を抱くが……

そんな洋子の不安は的中する。御子柴は強引なやり口で再び弁護を国選弁護人の宝来(本村健太郎)から強奪。警察の面会室で、稲見と対峙する。その結果、御子柴は間違いなく稲見が栃野を殺害したことを確信。有罪判決は免れない状況だった。
「教官、なぜそんなに落ち着いていられる。これはあんたの裁判だ。負ければ一生刑務所の中だぞ」
「俺は自分がしたことを受け入れるつもりだ。罪を逃れようなんて思っちゃいない」

「あいつは復讐するつもりなんだ」
違法すれすれのやり口で弁護を奪われた宝来は、次席検事の岬(津田寛治)に御子柴の狙いを告げ口する。岬はそんな宝来を軽くいなすが、御子柴を法曹界から追い出すためのある策を宝来に授ける。少年法に守られ、罰から逃れた御子柴を許すわけにはいかない。岬は再び、法廷に立つ決意を固める。今度こそ、御子柴に引導を渡すために。

そんな中、司法担当記者のあすみ(玄理)が、新たな情報を入手する。それは、御子柴がかつて医療少年院に入院していた時に、脱走騒ぎを起こしていたという事実だった。そしてその脱走を阻止したのが稲見だという。 果たして、御子柴と稲見の間にはどんな因縁があるのか。御子柴の本当の目的は何なのか!? 第二章・老人ホーム介護士殺害事件の裁判の幕が上がる!

あらすじ(ネタバレ)あり

「悪魔の弁護人・御子柴礼司(みこしばれいじ)~贖罪(しょくざい)の奏鳴曲(ソナタ)~」第3話の感想・レビュー

「悪魔の弁護人・御子柴礼司(みこしばれいじ)~贖罪(しょくざい)の奏鳴曲(ソナタ)~」の作品紹介

「悪魔の弁護人・御子柴礼司(みこしばれいじ)~贖罪(しょくざい)の奏鳴曲(ソナタ)~」出演者・キャスト

  • 御子柴礼司 -要潤
  • 日下部洋子 -ベッキー
  • 岬恭平 -津田寛治
  • 桜葉あすみ -玄理
  • 宝来兼人 -本村健太郎
  • 津田亜季子 -奥菜恵
  • 稲見武雄 -勝野洋
  • 横山紗矢 -田中こなつ
おすすめの記事