紹介している作品は、時点の情報です。

現在は配信終了している場合もありますので、詳細は動画配信サイト公式ホームページにてご確認ください。

「監察医 朝顔」第11話の見逃し配信はこちら

最新話の見逃し配信はこちら

第1話~全話までまとめて「監察医 朝顔」を見るなら

\FODプレミアムなら第1話~全話すべて視聴可能/

::::: 2週間無料体験キャンペーン実施中 :::::

「FODプレミアム」はこんなサービスです。

フジテレビオンデマンド(略称:FOD)は、フジテレビジョンが運営するインターネットテレビ・電子書籍配信サービスです。

 

  • 月額976円(税込)でフジテレビ制作のドラマや映画が見放題
  • 初回2週間は無料で利用できる(クレジットカード・AmazonPay払いの場合)
  • 放送後1週間の見逃し配信は会員登録不要で見れちゃう

 

「パンドラ」「デイリーモーション」「ユーチューブ」などの動画共有サイトでの視聴について知りたい方はこちら

>> 動画共有サービスで無料でドラマ視聴

「監察医 朝顔」第11話のネタバレ・あらすじまとめ

第11話「法医学者の娘と刑事の父…2人の命の物語、ついに完結!」9月23日21時放送

公式サイトのあらすじ #11「として母として、朝顔が向き合う真実と

深夜、朝顔(上野樹里)の元に茶子(山口智子)から連絡が入る。山梨県で発生した大規模な土砂災害に対し、興雲大学法医学教室に応援要請があったのだ。朝顔は、つぐみ(加藤柚凪)を平(時任三郎)に任せ、法医学教室へと急いだ。

事故直前、現場には、桑原(風間俊介)と神崎(市川右團次)の姿があった。反社会組織とつながり、違法な開発や投棄を行っている建設会社を追っていた桑原たちは、情報提供者の現場監督・赤井(笠原秀幸)に会い、彼の案内で不法投棄の現場を見に行っていた。

朝顔は、茶子、光子(志田未来)、高橋(中尾明慶)、絵美(平岩紙)とともに不測の事態も想定してさまざまな機材や書類を準備。法医学教室の解剖案件は藤堂(板尾創路)と熊田(田川隼嗣)に任せて現地へと向かった。

早朝、災害対策本部が置かれた市民センターに到着した朝顔たちを迎えたのは、離婚して山梨県警の検視官に復職していた伊東(三宅弘城)だった。
事故から一夜が明け、被害状況も徐々に明らかになっていた。土砂崩れによって下敷きになったのは、老人ホーム、建設現場のプレハブおよび社員寮、三棟の民家だという。しかし、二次災害の危険があることから、死傷者の数はまだわかっていなかった。

待機を指示された茶子は、その間に他大学の法医や地元の医師、警察・行政関係者らと連携し、遺体安置所の設営を進める。ほどなく、そこに遺体が運び込まれてくるが……。

あらすじ(ネタバレ)あり

「監察医 朝顔」第11話の感想・レビュー

とてもいいドラマだったと思う。
人の死をテーマにするのはとても難しく、簡単に割り切れる問題ではないのだが、
その割り切れない部分をうまく丁寧に描いていたと思う。

監察医と刑事、死を扱う職業の主人公達が、自らが震災被害者の遺族であり、その家族の死を受け入れられず苦しむ姿はとてもリアルだったと思う。
その反面、つぐみちゃんと過ごすシーンの温かさ、幸せな感じがより一層素晴らしいものに感じた。

遺族の傷は完全に癒える事はないけれど、それでも残されたものは前を向いて生きなければならない。
今も災害の被害で苦しんでいる人がたくさんいる、そうゆう現実を思い起こすよいきっかけになった素晴らしいドラマだったと思う。

40代 女性
遺体を見て、泣いてるところが泣けてしまった。
茶子先生が指揮をとって、遺体安置所を的確に使っていて東日本大地震の時にやったことがあるからテキパキしているんだろうなと思った。
ブラシートの色を変えたり、本部で書類を整理したりとやることが多いことが分かった。
山梨の土砂崩れは人災かもしれないということが桑原くんたちが見つけ出した。
平さんが必死に調べ、朝顔たち法医学教室のみんなは解剖に回っていた。
次々とくる亡くなられた方に複雑な状況だった。死と対面するのは辛すぎる。
20代 女性
観て良かったの一言です。
このドラマは法医学者、朝顔の葛藤を通して、
震災などの災害に遭った家族を応援するドラマだったと思います。

土砂崩れの現場に応援に行き、なんとか無事解剖して、
二次災害を防ぐことができ、成長した朝顔。

そのことにより、今まで行けなった母が亡くなった故郷に帰ることができました。
その葛藤や乗り越えをじっくり丁寧に撮影しているなと感じることができました。
素敵なドラマでした。

40代女性
全体的にテンポが遅めのドラマでしたがそれが良くも悪くも家族の絆を現していたと感じます。
土砂災害ということでもっと緊迫した展開になるのかと思っていたのですが
思いのほか登場人物が冷静でこれでいいのかなと感じました。
このドラマは終始捜査よりも人情や人の絆を重きに置いているのでありでしょう。

そして最後に朝顔が震災での心の傷を完全ではないにしても癒えたところは心に響きました。
全体的にテンポが遅めのドラマでしたがそれが良くも悪くも家族の絆を現していたと感じます。

40代 男性
大じいちゃんの「何で里子がいないんだあ???」感無量で何も言えませんでした。
めちゃくちゃ感動的でした。良い話だったです。
桑原さん無事で本当に良かった
生きてると判ったとき、嬉しくて、嬉しくて涙腺大崩壊でした。
最後にお母さんの件も感動しました。
大じいちゃんの涙には、ただただ感動して、言葉にできませんでした。
本当に素敵なストーリーでした。

50代 男性

「監察医 朝顔」の作品紹介

上野樹里さんが『のだめカンタービレ』以来
13年ぶりに月9に主演し、時任三郎さんと初共演!
法医学者と刑事という異色の父娘が誕生!
遺体の“生きた証”を探すふたりのかけがえのない日々を描く、この夏一番の感動作!!

上野さんが演じるのは主人公の万木朝顔(まき・あさがお)。死因を明らかにし、遺体の“生きた証”を見つけ出すため、時に自身の仕事の範疇を超えてまで懸命に、そして真摯に遺体に向き合う新米法医学者です。そんな朝顔に、父としてだけでなく仕事相手としても寄り添うのが、時任さん演じるベテラン刑事・万木平(まき・たいら)です。朝顔は解剖で、平は捜査で、遺体の謎を解き明かしていくさまをサスペンスフルに織りなすと同時に、遺体から見つけ出された“生きた証”が生きている人たちの心を救っていくさまをハートフルに描いていきます。

「監察医 朝顔」イントロダクション:https://www.fujitv.co.jp/asagao/introduction/index.html

「監察医 朝顔」出演者・キャスト

興雲大学法医学教室

  • 万木朝顔(法医学者) - 上野樹里
  • 安岡光子(医学部生) - 志田未来
  • 高橋涼介(検査技師) - 中尾明慶
  • 藤堂絵美(法歯学者) - 平岩紙
  • 藤堂雅史(法医学者) - 板尾創路
  • 夏目茶子(法医学教授) - 山口智子

野毛山署強行犯係

  • 万木平(刑事、朝顔の父) - 時任三郎
  • 桑原真也(刑事、朝顔の恋人) - 風間俊介
  • 森本琢磨(刑事) - 森本慎太郎(SixTONES / ジャニーズJr.)
  • 愛川江梨花(刑事) - 坂ノ上茜
  • 岡島浩司(刑事) - 斉藤陽一郎
  • 山倉伸彦(強行犯係長) - 戸次重幸
  • 伊東純(検視官) - 三宅弘城
  • 沖田宗徳(鑑識) - 藤原季節
  • 渡辺英子(鑑識) - 宮本茉由

もんじゃ焼きさぶちゃん

  • 浅井三郎(店主) - きづき
  • 小野佳代(店員) - 喜多乃愛

その他

  • 桑原つぐみ(朝顔と桑原の娘) - 加藤柚凪
  • 万木里子(朝顔の母) - 石田ひかり
  • 嶋田浩之(朝顔の祖父) - 柄本明

 

「監察医 朝顔」の公式情報

おすすめの記事