DIVER-特殊潜入班-/第4話/見逃し配信動画|国際会議がテロの標的に!D班最大の危機!
紹介している作品は、時点の情報です。

現在は配信終了している場合もありますので、詳細は動画配信サイト公式ホームページにてご確認ください。

「DIVER-特殊潜入班-」第4話の見逃し配信はこちら

最新話の見逃し配信はこちら

第1話~全話までまとめて「DIVER-特殊潜入班-」を見るなら

\FODなら第1話~全話すべて視聴可能(有料)/

::::: 2週間無料体験キャンペーン実施中 :::::

「FODプレミアム」はこんなサービスです。

フジテレビオンデマンド(略称:FOD)は、フジテレビジョンが運営するインターネットテレビ・電子書籍配信サービスです。

 

  • 月額976円(税込)で毎月100ポイントついてくる
  • ドラマ動画は1話300ポイントで視聴可能
  • ポイント不要の見放題ドラマもあり
  • 初回2週間は無料で利用できる(クレジットカード・AmazonPay払いの場合)
  • 放送後1週間の見逃し配信は会員登録不要で見れちゃう

 

「DIVER-特殊潜入班-」第4話のネタバレ・あらすじまとめ

第4話「国際会議がテロの標的に!D班最大の危機!」10月13日21:00放送

https://www.youtube.com/watch?v=1JxvBp6Helo

数週間後に日米安全保障会議を控えたある夜、神戸の百貨店の前で爆発事件が発生。爆発物から微量の化学物質が検出されたことから、阿久津(りょう)はテロの可能性を考えるが、大事な会議を前に警察の威信を守りたい警視庁・警視監の遠藤洋三(小市慢太郎)は阿久津に事実の隠ぺいを指示。さらに、日米安全保障会議で厳重に警備をするようくぎを刺す。

阿久津は、警視庁から届いたテロに関する資料を伊達(安藤政信)に渡し、D班に潜入捜査を命じる。資料には、元外交官の渡辺和之(戸田昌宏)という男の情報が記されていた。渡辺は外務省を辞めた後、化学物質の輸入や輸出を行うリトレイド貿易という会社を立ち上げ、最近では、猛毒の神経ガスの原料を不正輸入しようとする動きがあるらしい。渡辺には現外務大臣に辞任に追い込まれた苦い過去があるため、国際会議の場でテロを起こす動機も十分。爆発事件の犯人が渡辺に接触する可能性があることから、兵悟(福士蒼汰)と将(野村周平)は早速、リトレイド貿易に潜入。渡辺の動向を探っていると……。

あらすじ(ネタバレ)あり

「DIVER-特殊潜入班-」第4話の感想・レビュー

「DIVER-特殊潜入班-」の作品紹介

「DIVER-特殊潜入班-」出演者・キャスト

  • 黒沢兵悟(くろさわ ひょうご) - 福士蒼汰
  • 佐根村将(さねむら しょう) - 野村周平
  • 伊達直哉(だて なおや) - 安藤政信
  • 上島哲哉(うえしま てつや) - 正門良規
  • 阿久津洋子(あくつ ようこ) - りょう
  • 永宮壮一(ながみや そういち) - 浜野謙太
  • 皆本麗子(みなもと れいこ) - 片瀬那奈
  • 鏡光一(かがみ こういち) - 正名僕蔵
  • 大山崇(おおやま たかし) - 中山義紘
おすすめの記事