フェイクモーション 見逃し動画無料フル配信
紹介している作品は、時点の情報です。

現在は配信終了している場合もありますので、詳細は動画配信サイト公式ホームページにてご確認ください。

「【フェイクモーション】FAKE MOTION -卓球の王将-(ドラマ)」第7話の見逃し配信はこちら

最新話の見逃し配信はこちら

第1話~全話までまとめて「【フェイクモーション】FAKE MOTION -卓球の王将-(ドラマ)」を見るなら

\Hulu(フールー)なら第1話~全話すべて視聴可能/

::::: 2週間無料体験キャンペーン実施中 :::::

「Hulu(フールー)」はこんなサービスです。

Hulu(フールー)は、アメリカの動画配信サービスです。日本版Hulu(hulu.jp)は日本テレビの子会社が運営。日本テレビの番組やヤフーで有料配信されていた作品が充実しています。

  • 月額933円(税抜)
  • 2週間は無料で利用できる
  • アメリカ発のサービスだから海外ドラマ作品数が多い

「パンドラ」「デイリーモーション」「ユーチューブ」などの動画共有サイトでの視聴について知りたい方はこちら

>> 動画共有サービスで無料でドラマ視聴

「【フェイクモーション】FAKE MOTION -卓球の王将-(ドラマ)」第7話のネタバレ・あらすじまとめ

第7話「」5月21日00:59放送

ついに薩川との頂上決戦。

エビ高は自由を取り戻すため王者薩川に挑む。回復を目指す桂光太郎(古川毅)は怪我を押してギフテッド開眼にむけて猛特訓していた。

光太郎が試合に間に合うよう時間をかせぎならが試合をするエビ高勢。その姿勢に会場からはブーイングの嵐。

そして松陰久志(北村匠海)もエビ高勝利のため強引に試合に出場。
自身の命と引き換えに「無音の絶対時間」を発動。

さらに松陰と薩川部長の島津晃(小笠原海)の根深い関係性が明らかになる。

あらすじ(ネタバレ)あり

「【フェイクモーション】FAKE MOTION -卓球の王将-(ドラマ)」第7話の感想・レビュー

「【フェイクモーション】FAKE MOTION -卓球の王将-(ドラマ)」の作品紹介

「【フェイクモーション】FAKE MOTION -卓球の王将-(ドラマ)」出演者・キャスト

  • 高杉律-佐野勇斗
  • 桂光太郎-古川毅
  • 松陰久志-北村匠海
  • 島津晃-小笠原海
  • 近藤勇美-森崎ウィン

動画共有サービスで無料でドラマ視聴

テレビドラマの公式配信サービスは全部で3種類です。

  • 放送終了後1週間以内の見逃し配信(Tver・動画配信サイト)
  • 1週間以上たったドラマ動画(動画配信サイト※有料)
  • ドラマの予告CM(YouTube)

これ以外のインターネット上で閲覧できる動画は、個人が勝手にアップロードしているものです。

 

検索しているとたどり着いて、ドラマ動画を見ることができるかもしれません。

非公式の動画なので、「違法なもの」「危険な広告が配信される」「ウイルスサイトの可能性」など

危険があると思った上で自己責任で視聴してください。

 

 うちのPCはノートンが入っていますが、こういったサイトにアクセスすると「◯◯をブロックしました」というアラートがしっかり出ます。ウイルス対策をしていない人は要注意です。

動画共有サイト一覧

You Tube

https://www.youtube.com/
※フリドラなどは、You Tubeに上がっているドラマ動画をまとめているサイトです。

Drama3S
(HDFree)

http://drama3s.com/

おすすめの記事