いだてん 見逃し動画無料フル配信
紹介している作品は、時点の情報です。

現在は配信終了している場合もありますので、詳細は動画配信サイト公式ホームページにてご確認ください。

第1話~全話までまとめて「いだてん~東京オリムピック噺~」を見るなら

\U-NEXT(ユーネクスト)なら第1話~全話すべて視聴可能/

::::: 31日間無料体験キャンペーン実施中 :::::

「U-NEXT(ユーネクスト)」はこんなサービスです。

U-NEXT(ユーネクスト)は、株式会社U-NEXTが運営する映像配信サービスです。(旧サービス名「GyaO NEXT(ギャオネクスト)」)

 

  • 月額1,990円(税抜)
  • 見放題の作品と都度課金の作品があります
  • 毎月1200円分のポイントで課金作品が見れる(無料期間中は600ポイント)
  • ポイントは映画館チケットにも交換できちゃう
  • 初月31日間は無料で利用できる

「パンドラ」「デイリーモーション」「ユーチューブ」などの動画共有サイトでの視聴について知りたい方はこちら

>> 動画共有サービスで無料でドラマ視聴

「いだてん~東京オリムピック噺~」のネタバレ・あらすじまとめ

“日本で初めてオリンピックに参加した男”
金栗四三と
“日本にオリンピックを招致した男”
田畑政治。
この2人がいなければ、
日本のオリンピックはなかった。

第1回〜第13回〈第1部 金栗四三篇・前半〉

第1回「夜明け前」1月6日放送
1959年、五輪招致目前の東京。大渋滞の日本橋を通りかかった落語家の古今亭志ん生(ビートたけし)は寄席に向かっていた。その日、高座で志ん生が語り出したのは、50年前の日本のオリンピック初参加にまつわる噺(はなし)。
第2回「坊っちゃん」1月13日放送
この日、テレビ寄席で志ん生が語るのは、日本初のオリンピック選手となった金栗四三(中村勘九郎)の知られざる熊本での少年時代。学校まで往復12キロを走る「いだてん通学」で虚弱体質を克服した四三。
第3回「冒険世界」1月20日放送
家族の期待を一身に背負って上京した四三(中村勘九郎)だったが、東京高等師範学校での寮生活になじめない。夏休みの帰省では、スヤ(綾瀬はるか)の見合いがあると聞かされる。
第4回「小便小僧」1月27日放送
高師のマラソン大会で3位となった四三(中村勘九郎)。表彰式で憧れの嘉納治五郎(役所広司)に声をかけられてさらに発奮し、むちゃな練習を敢行する。そのころの嘉納は日本初のオリンピック予選開催を前に山積する難題に頭を抱えていた。
第5回「雨ニモマケズ」2月3日放送
高座に上がったほろ酔いの志ん生(ビートたけし)は、古典落語「芝浜」を語ると思いきや突然オリンピックの噺(はなし)を始める。時は明治44年、オリンピックへの参加選手を決める羽田の予選会。
第6回「お江戸日本橋」2月10日放送
オリンピックに送るに足るだけの選手を見つけて喜ぶ治五郎(役所広司)だったが、派遣費用が莫大で頭を抱える。おまけにマラソンを制した四三(中村勘九郎)は、負ければ腹切りかと恐縮し、短距離の覇者・弥彦(生田斗真)は帝大後の進路を考えたいと出場を断る。
第7回「おかしな二人」2月17日放送
治五郎(役所広司)の口車にのせられて自費で渡航費を用意しなければならない金栗四三(中村勘九郎)は、兄・実次(中村獅童)に藁(わら)にもすがる気持ちで資金援助の手紙を出す。いよいよ出場選手としてオリンピックのエントリーフォームに名を連ねる四三と弥彦(生田斗真)。
第8回「敵は幾万」2月24日放送
大金を携えて上京してきた兄・実次(中村獅童)から、春野スヤ(綾瀬はるか)の働きかけで資金を得られたと知る四三。スヤと無邪気に野山を駆けていた自分が、オリンピックのために海を渡る不思議さを感じつつ、兄に一生懸命戦うことを誓う。
第9回「さらばシベリア鉄道」3月3日放送
四三(中村勘九郎)と弥彦(生田斗真)は、ついに新橋駅を出てストックホルムに向け旅立つ。ウラジオストクやハルビンを経由してのシベリア鉄道17日間の旅。不手際で治五郎(役所広司)の渡航が遅れる中、監督の大森兵蔵(竹野内豊)と安仁子(シャーロット・ケイト・フォックス)のハネムーンのような態度、初めて触れる外国人の横柄さに、四三は不安を募らす。
第10回「真夏の夜の夢」3月10日放送
ストックホルムに到着した四三(中村勘九郎)だが、夜になっても明るい白夜に苦しめられる。大森兵蔵(竹野内 豊)の体調が芳しくないため、四三は弥彦(生田斗真)と共に自分たちだけでトレーニングを開始。
第11回「百年の孤独」3月17日放送
1960年東京オリンピックを控える田畑政治(阿部サダヲ)は開会式を研究すべく、ストックホルムオリンピックの記録映像に見入る。時は1912年7月のストックホルムオリンピック開会式。「NIPPON」のプラカードを持ち、四三(中村勘九郎)と弥彦(生田斗真)が日本初のオリンピック選手として入場。
第12回「太陽がいっぱい」3月24日放送
まもなく四三(中村勘九郎)がマラソンに出場するころ、日本・熊本では、スヤ(綾瀬はるか)が金栗家と共に応援の宴(うたげ)を開催する。一方当の四三は、大森兵蔵(竹野内 豊)を抱えてスタジアムに入り、準備万端とは言えないままマラソンのスタートを切る。序盤は順調に順位をあげていく四三。
第13回「復活」3月31日放送
意識がないままホテルに運ばれていた四三(中村勘九郎)は、日射病だった。いつもお世話をしてくれてきたダニエルに案内され、自分がコースからはずれてペトレ一家に助けられた行程を改めてたどる四三。そして、マラソンを共に戦ったポルトガルのラザロ選手が日射病で死去した事実を弥彦(生田斗真)に聞かされる。

第14回〜第24回〈第1部 金栗四三篇・後半〉

第14回「新世界」4月14日放送
オリンピックの戦いを終え、ストックホルムから帰国する四三(中村勘九郎)。元号も明治から大正に移り、四三には人々の空気が変わったように感じられる。報告会で大勢の高師の仲間が四三の健闘を称える中、敗因を問いただす女性が出現。
第15回「あゝ結婚」4月21日放送
兄・実次(中村獅童)に呼ばれて熊本に帰った四三(中村勘九郎)を待ち受けていたのは、夫の重行(髙橋 洋)を亡くしたスヤ(綾瀬はるか)との見合いだった。重行の母・池部幾江(大竹しのぶ)と実次に強引に押しきられる形になったものの、互いに好きだった四三とスヤは晴れて祝言をあげる。
第16回「ベルリンの壁」4月28日放送
1914年、教員になる道を捨て、足袋の播磨屋に居候しながらプロフェッショナルのランナーとしてベルリンオリンピックを目指し始めた四三(中村勘九郎)。野口(永山絢斗)や徒歩部の後輩と共に、水しぶき走法など、より過酷な状況でも走り続ける修行に励む。
第17回「いつも2人で」5月5日放送
1915年、戦争でベルリンオリンピックの開催中止が決定し、選手のピークを迎えていた四三(中村勘九郎)は激しく落ち込む。ふさぎ込む姿を野口源三郎(永山絢斗)らが心配するなか、熊本からやって来た妻・スヤ(綾瀬はるか)が四三の無念を受け止める。
第18回「愛の夢」5月12日放送
駅伝の盛り上がりとともに、四三(中村勘九郎)の妻・スヤ(綾瀬はるか)が懐妊する。イギリス留学から帰国した二階堂トクヨ(寺島しのぶ)が、女性が自由に体を動かせるチュニックと「ダンス」を持ち帰り、身重のスヤやシマ(杉咲 花)が目を輝かせる。
第19回「箱根駅伝」5月19日放送
フランスのクーベルタンから治五郎(役所広司)に届いた手紙には、ストックホルムから8年ぶりにアントワープオリンピックが開催されるニュースが書かれていた。新しい「箱根駅伝」の構想に力を注ぐ四三(中村勘九郎)だったが、やはりオリンピック開催こそ待ち望んだもの。
第20回「恋の片道切符」5月26日放送
治五郎(役所広司)の手紙によってマラソンがオリンピックに復活し、大正9年、四三(中村勘九郎)は十種競技に挑む野口(永山絢斗)ら15人の選手たちとアントワープへ旅立つ。
第21回「櫻の園」6月2日放送
1920年、アントワープオリンピックでメダルを逃した四三(中村勘九郎)は失意の内にヨーロッパを旅し、第1次世界大戦の傷跡が生々しいベルリンを訪れていた。そこで四三が目にしたのは戦災に負けずにたくましくスポーツを楽しむ女性たちだった。
第22回「ヴィーナスの誕生」6月9日放送
東京府立第二高等女学校では、四三(中村勘九郎)の熱血指導によって女学生たちがスポーツに打ち込んでいた。教え子の富江(黒島結菜)たちは全国的なスポーツアイドルとなるが、その前に日本女性離れした見事な体格の人見絹枝(菅原小春)が立ちはだかる。
第23回「大地」6月16日放送
四三(中村勘九郎)やシマ(杉咲 花)の提案で、富江(黒島結菜)は父の大作(板尾創路)と駆けっこで競走。鍛えた女性は男に勝てると証明する。治五郎(役所広司)はスポーツが育ってきた日本でオリンピックを開催できるよう神宮外苑競技場の完成を急ぐ。
第24回「種まく人」6月23日放送
関東大震災により、東京は壊滅状態に。治五郎(役所広司)が作った神宮外苑競技場は避難所として人びとを受け入れ、そこで富江(黒島結菜)ら女学生が傷ついた人びとの救済に尽力する。四三(中村勘九郎)は心配する熊本のスヤ(綾瀬はるか)や幾江(大竹しのぶ)の元にも僅かな時間帰省。

第25回〜〈第2部 田畑政治篇〉

第25回「時代は変る」6月30日放送
いだてん後半の主人公がいよいよ登場! 四三(中村勘九郎)がまさかの3度目のオリンピックに出場し、負けて帰ってきた報告会で「負けちゃ意味がない」と息巻く若者が現れる。田畑政治(阿部サダヲ)である。
第26回「明日なき暴走」7月7日放送
アムステルダム大会が迫り、体協が相変わらず資金難に苦しむなか、田畑政治(阿部サダヲ)は記者人脈をいかし、政界の大物、大蔵大臣の高橋是清(萩原健一)に選手派遣のための資金援助を直じか談判する。
第27回「替り目」7月14日放送
アムステルダム五輪での水泳選手団の活躍を受け、田畑政治(阿部サダヲ)は次回ロサンゼルス大会での必勝プランを練る。同じころ、現役を引退した金栗四三(中村勘九郎)のもとに兄・実次(中村獅童)が上京し熊本に戻るよう告げるが、後進の育成の夢を抱える四三は葛藤する。
第28回「走れ大地を」7月28日放送
ロサンゼルスオリンピックが迫るなか、関東大震災からの復興に手ごたえを持つ東京市長・永田秀次郎(イッセー尾形)は、東京にオリンピックを招致する構想をぶち上げる。
第29回「夢のカリフォルニア」8月4日放送
いよいよロサンゼルスオリンピックが開幕。日本水泳チームの総監督として現地に乗り込んだ田畑政治(阿部サダヲ)は、広大で美しい選手村で各国の選手たちが交流する姿を見て、これぞスポーツの理想郷と感激するが、その一方で日系人差別も目の当たりにするなど複雑な思いも抱く。
第30回「黄金狂時代」8月11日放送
1932年、田畑(阿部サダヲ)待望のロサンゼルスオリンピックが開幕。アナウンサーの河西(トータス松本)はレースの実況中継に気合いが入るが、大会運営側からの妨害にあう。田畑たちは実況中継の代わりにレースの模様を放送する奥の手を考える。
第31回「トップ・オブ・ザ・ワールド」8月18日放送
1932年、田畑(阿部サダヲ)率いる日本競泳陣はロサンゼルスオリンピックで大旋風を巻き起こす。200メートル平泳ぎの前畑秀子(上白石萌歌)も空前のメダルラッシュに続こうとするが決勝レースは大混戦に。
第32回「独裁者」8月25日放送
銀メダルを獲得し帰国した前畑(上白石萌歌)を待っていたのは、東京市長・永田秀次郎(イッセー尾形)らによる落胆の声だった。田畑(阿部サダヲ)は選手をかばって激怒するが、国民の大きすぎる期待に前畑は苦悩する。
第33回「仁義なき戦い」9月1日放送
1940年のオリンピック招致をめぐり互いに激しく争う東京とローマ。治五郎(役所広司)は田畑(阿部サダヲ)らをイタリアの独裁者ムッソリーニとの直じか談判に派遣する。しかし、ムッソリーニとの会見直前、IOC委員・副島道正(塚本晋也)が急病で倒れてしまう。
第34回「226」9月8日放送
1936年2月。陸軍の青年将校らによるクーデター、二・二六事件が発生。閣僚らが暗殺され、田畑政治(阿部サダヲ)の勤める新聞社も襲撃を受ける。戒厳令下の東京でオリンピック招致活動を続けることに田畑は葛藤。
第35回「民族の祭典」9月15日放送
1936年夏。ベルリンで4年後の次回大会の開催地を決めるIOC総会が始まり、嘉納治五郎(役所広司)は「日本で平和の祭典を!」と熱く訴える。その直後に開幕したベルリンオリンピックは政権を握るナチスが総力をあげて運営する大規模な大会となり、田畑政治(阿部サダヲ)を圧倒し当惑させる。
第36回「前畑がんばれ」9月22日放送
ロサンゼルスオリンピックの雪辱を期す前畑秀子(上白石萌歌)は、経験したことのないプレッシャーと闘う。日本国中から必勝を期待する電報がベルリンに押し寄せ前畑を追い詰める。レースを目前にアナウンサーの河西三省(トータス松本)が体調を崩すが、田畑(阿部サダヲ)は前畑勝利を実況すると約束した河西の降板を断固拒否する。そして迎える決勝。ヒトラーも観戦する会場に響くドイツ代表への大声援。オリンピック史に残る大一番が始まる──。

「いだてん~東京オリムピック噺~」の作品紹介

日本が初めて参加し、
大惨敗を喫した1912年「ストックホルム」。
幻となった1940年「東京」と敗戦、復興、
そして・・・平和への祈り。

1964年 東京オリンピックが実現するまでの
日本人の“泣き笑い” が刻まれた
激動の半世紀を、豪華キャストで描きます!

このドラマを見れば、
2020年・東京オリンピックの
見方が変わります!

「いだてん~東京オリムピック噺~」出演者・キャスト

  • 金栗四三(かなくり しそう) - 中村勘九郎
  • 金栗四三(幼少期) - 久野倫太郎
  • 金栗四三(幼少期) - 船元大馳朗
  • 田畑政治(たばた まさじ) - 阿部サダヲ
  • 田畑政治(少年期) - 山時聡真
  • 田畑政治(青年期) - 原勇弥
  • 嘉納治五郎(かのう じごろう) - 役所広司
  • 大森兵蔵(おおもり ひょうぞう) - 竹野内豊
  • 可児徳(かに いさお) - 古舘寛治
  • 永井道明(ながい どうめい) - 杉本哲太
  • 大森安仁子(おおもり アニコ) - シャーロット・ケイト・フォックス
  • 二階堂トクヨ(にかいどう トクヨ) - 寺島しのぶ
  • 岸清一(きし せいいち) - 岩松了
  • 武田千代三郎(たけだ ちよさぶろう) - 永島敏行
  • 辰野保(たつの たもつ) - 安楽将士
  • 福田源蔵(ふくだ げんぞう) - 嶺豪一
  • 平田(ひらた) - 前原滉
  • 徳三宝(とく さんぽう) - 阿見201
  • 野口源三郎(のぐち げんざぶろう) - 永山絢斗
  • 橋本三郎(はしもと さぶろう) - 高橋周平
  • 秋葉祐之(あきば すけゆき) - 柴田鷹雄
  • 茂木善作(もぎ ぜんさく) - 久保勝史
  • 大浦留市(おおうら とめいち) - 高橋龍駒
  • 山下馬之助(やました うまのすけ) - 三永武明
  • 渋谷寿光(しぶや としみつ) - 宮森右京
  • 斎藤兼吉(さいとう けんきち) - 菅原健
  • 金栗実次(かなくり さねつぐ) - 中村獅童
  • 金栗実次(幼少期) - 中澤準
  • 金栗信彦(かなくり のぶひこ) - 田口トモロヲ
  • 金栗シエ(かなくり シエ) - 宮崎美子
  • 金栗スマ(かなくり スマ) - 大方斐紗子
  • 金栗キヨメ(かなくり キヨメ) - 川面千晶
  • 又作(またさく) - 白石拳大
  • 松雄(まつお) - 深田真弘
  • 松雄(幼少期) - 伍藤奏
  • 末子(すえこ) - 山口朋華
  • 末子(幼少期) - りり花
  • 金栗初太郎(かなくり はつたろう) - 吉田翔
  • 池部スヤ(いけべ スヤ) - 綾瀬はるか
  • 池部スヤ(幼少期) - 原島凛々
  • 春野先生(はるの せんせい) - 佐戸井けん太
  • 池部重行(いけべ しげゆき) - 髙橋洋
  • 池部幾江(いけべ いくえ) - 大竹しのぶ
  • 池部正明(いけべ まさあき) - 久野倫太郎
  • 美川秀信(みかわ ひでのぶ) - 勝地涼
  • 五条教諭(ごじょう きょうゆ) - 姜尚中
  • 小松勝(こまつ まさる) - 仲野太賀
  • 三島弥彦(みしま やひこ) - 生田斗真
  • シマ - 杉咲花
  • 三島弥太郎(みしま やたろう) - 小澤征悦
  • 三島和歌子(みしま わかこ) - 白石加代子
  • 吉岡信敬(よしおか しんけい) - 満島真之介
  • 中沢臨川(なかざわ りんせん) - 近藤公園
  • 押川春浪(おしかわ しゅんろう) - 武井壮
  • 黒坂辛作(くろさか しんさく) - 三宅弘城
  • 黒坂辛作(第4回~第10回放送分) - ピエール瀧
  • 黒坂勝蔵(くろさか かつぞう) - 斎藤嘉樹
  • 黒坂勝蔵(少年期) - 阿久津慶人
  • 黒坂勝蔵(少年期) - 波多腰由太
  • 黒坂ちょう(くろさか ちょう) - 佐藤真弓
  • 黒坂満佐子(くろさか まさこ) - 池田恋
  • 村田富江(むらた とみえ) - 黒島結菜
  • 梶原(かじわら) - 北香那
  • 溝口(みぞぐち) - 松浦りょう
  • 白石(しらいし) - 百瀬さつき
  • 村田大作(むらた だいさく) - 板尾創路
  • 小梅(こうめ) - 橋本愛
  • 清さん(せいさん) - 峯田和伸
  • 美濃部盛行(みのべ もりゆき) - 土佐和成
  • 美濃部てう(みのべ てう) - 山本裕子
  • 徳重(とくじゅう) - 榊英雄
  • 増野(ますの) - 柄本佑
  • 清水亀次郎(しみず かめじろう) - 遠山俊也
  • マリー - 薬師丸ひろ子
  • 大野(おおの) - 保酎吉
  • 田畑うら(たばた うら) - 根岸季衣
  • 田畑庄吉(たばた しょうきち) - 内村遥
  • ちいちゃん - 片山萌美
  • 内田正練(うちだ せいれん) - 葵揚
  • 小野田(おのだ) - 大内田悠平
  • 堀井(ほりい) - 福田航也
  • 沢田英一(さわだ えいいち) - 矢崎広
  • 三浦弥平(みうら やへい) - 福山康平
  • 西岡吉平 - 工藤トシキ
  • 下村広次(しもむら こうじ) - 鈴田修也
  • 寺内(てらうち) - 萩原拓也
  • 八島健三(やしま けんぞう) - 國友久志
  • 人見絹枝(ひとみ きぬえ) - 菅原小春
  • 織田幹雄(おだ みきお) - 松川尚瑠輝
  • 南部忠平(なんぶ ちゅうへい) - 池田倫太朗
  • 山本忠興(やまもと ただおき) - 田中美央
  • 高石勝男(たかいし かつお) - 斎藤工
  • 野田一雄(のだ かずお) - 三浦貴大
  • 松澤一鶴(まつざわ いっかく) - 皆川猿時
  • 鶴田義行(つるた よしゆき) - 大東駿介
  • 前畑秀子(まえはた ひでこ) - 上白石萌歌
  • 入江稔夫(いりえ としお) - 大藪雄汰
  • 宮崎康二(みやざき やすじ) - 西山潤
  • 松澤初穂(まつざわ はつほ) - 木竜麻生
  • 小島一枝(こじま かずえ) - 佐々木ありさ
  • 大横田勉(おおよこた つとむ) - 林遣都
  • 小池礼三(こいけ れいぞう) - 前田旺志郎
  • 前畑光枝(まえはた みつえ) - 中島唱子
  • 前畑福太郎(まえはた ふくたろう) - 康すおん
  • 古橋廣之進(ふるはし ひろのしん) - 北島康介
  • 大松博文(だいまつ ひろぶみ) - 徳井義実
  • 河西昌枝(かさい まさえ) - 安藤サクラ
  • 酒井菊枝(さかい きくえ) - 麻生久美子
  • 河野一郎(こうの いちろう) - 桐谷健太
  • 河野一郎(学生時代) - 大下ヒロト
  • 緒方竹虎(おがた たけとら) - リリー・フランキー
  • 尾高(おだか) - じろう
  • 村山龍平(むらやま りょうへい) - 山路和弘
  • 細田(ほそだ) - 政修二郎
  • 本庄(ほんじょう) - 山本美月
  • 土岐善麿(とき ぜんまろ) - 山中聡
  • 大村幹(おおむら かん) - 竹森千人
  • 寺田(てらだ) - 本間剛
  • 河西三省(かさい さんせい) - トータス松本
  • 松内則三(まつうち のりぞう) - ノゾエ征爾
  • 山本照(やまもと てる) - 和田正人
  • 大隈重信(おおくま しげのぶ) - 平泉成
  • 加納久宜(かのう ひさよし) - 辻萬長
  • 小笠原文部大臣(おがさわら もんぶだいじん) - 春海四方
  • 内田公使(うちだ こうし) - 井上肇
  • 伊藤博文(いとう ひろぶみ) - 浜野謙太
  • 田島錦治(たじま きんじ) - ベンガル
  • 永田秀次郎(ながた ひでじろう) - イッセー尾形
  • 高橋是清(たかはし これきよ) - 萩原健一
  • 三浦梧楼(みうら ごろう) - 小林勝也
  • 清水照男(しみず てるお) - 小村裕次郎
  • 犬養毅(いぬかい つよし) - 塩見三省
  • 三上卓(みかみ たく) - 小久保寿人
  • 副島道正(そえじま みちまさ) - 塚本晋也
  • 杉村陽太郎(すぎむら ようたろう) - 加藤雅也
  • 牛塚虎太郎(うしづか とらたろう) - きたろう
  • 中橋中尉(なかはし ちゅうい) - 渋谷謙人
  • 川島正次郎(かわしま しょうじろう) - 浅野忠信
  • 平沢和重(ひらさわ かずしげ) - 星野源
  • 岩田幸彰(いわた ゆきあき) - 松坂桃李
  • 東龍太郎(あずま りょうたろう) - 松重豊
  • 北原秀雄(きたはら ひでお) - 岩井秀人
  • 古今亭志ん生(ここんてい しんしょう) - ビートたけし
  • 古今亭志ん生(青年期) - 森山未來
  • 古今亭志ん生(幼少期) - 荒井雄斗
  • りん - 池波志乃
  • りん (青年期) - 夏帆
  • 五りん(ごりん) - 神木隆之介
  • 知恵(ちえ) - 川栄李奈
  • 美津子(みつこ) - 小泉今日子
  • 今松(いままつ) - 荒川良々
  • 金原亭馬生(きんげんてい ばしょう) - 森山未來
  • 古今亭朝太(ここんてい ちょうた) - 森山未來
  • 橘家円喬(たちばなや えんきょう) - 松尾スズキ
  • 万朝(まんちょう) - 柄本時生
  • 三遊亭小円朝(さんゆうてい こえんちょう) - 八十田勇一
  • 席亭 - 中村育二
  • 金原亭馬生(六代目) - 古今亭菊之丞
  • 柳家三語楼(やなぎや さんごろう) - 廣川三憲
  • 三遊亭圓生(さんゆうてい えんしょう) - 中村七之助
  • クーベルタン - ニコラ・ルンブレラス
  • ラトゥール - ヤッペ・クラース
  • ボナコッサ - フランチェスコ・ビショーネ
  • ラザロ - エドワード・ブレダ
  • ザーリング - マックス・ベッカム
  • ダニエル - エドヴィン・エンドレ
  • サミュエル - ピーター・エリクソン
  • ナオミ - 織田梨沙
  • ムッソリーニ - ディノ・スピネラ
  • 慶(けい) - 深沢敦

「いだてん~東京オリムピック噺~」の主題歌・挿入歌

「いだてん~東京オリムピック噺~」の原作

「いだてん~東京オリムピック噺~」の再放送情報

  • 土曜日[総合] 午後1時5分
  • 日曜日[BS4K] 午前8時

 

>> 第1話からドラマ動画を見たい人はこちら

「いだてん~東京オリムピック噺~」の公式情報

動画共有サービスで無料でドラマ視聴

テレビドラマの公式配信サービスは全部で3種類です。

  • 放送終了後1週間以内の見逃し配信(Tver・動画配信サイト)
  • 1週間以上たったドラマ動画(動画配信サイト※有料)
  • ドラマの予告CM(YouTube)

これ以外のインターネット上で閲覧できる動画は、個人が勝手にアップロードしているものです。

 

検索しているとたどり着いて、ドラマ動画を見ることができるかもしれません。

非公式の動画なので、「違法なもの」「危険な広告が配信される」「ウイルスサイトの可能性」など

危険があると思った上で自己責任で視聴してください。

 

 うちのPCはノートンが入っていますが、こういったサイトにアクセスすると「◯◯をブロックしました」というアラートがしっかり出ます。ウイルス対策をしていない人は要注意です。

動画共有サイト一覧

You Tube

https://www.youtube.com/
※フリドラなどは、You Tubeに上がっているドラマ動画をまとめているサイトです。

Drama3S
(HDFree)

http://drama3s.com/

おすすめの記事