[日本版]彼女はキレイだった/第7話/見逃し配信動画|ついに正体が!?止まらぬ思いと告白のキス
紹介している作品は、時点の情報です。

現在は配信終了している場合もありますので、詳細は動画配信サイト公式ホームページにてご確認ください。

「[日本版]彼女はキレイだった」第7話の見逃し配信はこちら

最新話の見逃し配信はこちら

第1話~全話までまとめて「[日本版]彼女はキレイだった」を見るなら

\FODなら第1話~全話すべて視聴可能(有料)/

::::: 2週間無料体験キャンペーン実施中 :::::

「FODプレミアム」はこんなサービスです。

フジテレビオンデマンド(略称:FOD)は、フジテレビジョンが運営するインターネットテレビ・電子書籍配信サービスです。

 

  • 月額976円(税込)で毎月最大1300ポイント
  • ドラマ動画は1話300ポイントで視聴可能
  • ポイント不要の見放題ドラマもあり
  • 初回2週間は無料で利用できる(クレジットカード・AmazonPay払いの場合)
  • 放送後1週間の見逃し配信は会員登録不要で見れちゃう

「パンドラ」「デイリーモーション」「ユーチューブ」などの動画共有サイトでの視聴について知りたい方はこちら

>> 動画共有サービスで無料でドラマ視聴

「[日本版]彼女はキレイだった」第7話のネタバレ・あらすじまとめ

第7話「ついに正体が!?止まらぬ思いと告白のキス」8月24日21:00放送

昔も今も、宗介(中島健人)が好き——。自分の気持ちに気づいた愛(小芝風花)は、すべてを打ち明けようと宗介の元へ急ぐが、そこには梨沙(佐久間由衣)の姿が。物陰から2人の様子を見ていた愛は、梨沙がいまだに愛のフリを続け、ひそかに宗介と会っていたことを知りショックを受けるが、それでも梨沙を問いただすことはできない。

一方の宗介は、愛を思う気持ちが日に日に強くなり、その思いを伝えようとする。しかし愛は、思わず宗介を避けてしまう。そんな2人の様子を見た樋口(赤楚衛二)は、もはや自分の恋が実ることはないのだと、ある決意をするが…。

数日後、宗介は編集長とともに、レストランチェーンの役員と会食を楽しんでいた。その席で、手渡された広報誌に目を通していた宗介は、あるページに見覚えのある顔を見つけ、顔色を変える。

編集部では、部員たちが体調を崩した樋口のことを心配していた。愛がホテルで火災に巻き込まれた日、樋口もまた、雨が降りしきるなか愛を心配して駆けつけ、ずぶぬれになり風邪を引いていたのだ。そのことを初めて知った愛は…。

あらすじ(ネタバレ)あり

「[日本版]彼女はキレイだった」第7話の感想・レビュー

「[日本版]彼女はキレイだった」の作品紹介

「[日本版]彼女はキレイだった」出演者・キャスト

  • 長谷部宗介(はせべ そうすけ) - 中島健人
  • 佐藤愛(さとう あい) - 小芝風花
  • 樋口拓也(ひぐち たくや) - 赤楚衛二
  • 里中純一(さとなか じゅんいち) - 髙橋優斗
  • 岡島唯子(おかじま ゆいこ) - 片瀬那奈
  • 東今日子(あずま きょうこ) - 寒川綾奈
  • 小松麻利奈(こまつ まりな) - 山田桃子
  • 須田絵里花(すだ えりか) - 宇垣美里
  • 風見若葉(かざみ わかば) - 村瀬紗英
  • 宮城文太(みやぎ ぶんた) - 本多力
  • 池沢蘭子 - LiLiCo
  • 桐山梨沙(きりやま りさ) - 佐久間由衣
  • 岸田庸司 - 木村祐一
  • 佐藤明里 - 松田陽子
  • 佐藤桃 - 吉田莉桜
  • 佐藤豊 - 菅原大吉

動画共有サービスで無料でドラマ視聴

テレビドラマの公式配信サービスは全部で3種類です。

  • 放送終了後1週間以内の見逃し配信(Tver・動画配信サイト)
  • 1週間以上たったドラマ動画(動画配信サイト※有料)
  • ドラマの予告CM(YouTube)

これ以外のインターネット上で閲覧できる動画は、個人が勝手にアップロードしているものです。

 

検索しているとたどり着いて、ドラマ動画を見ることができるかもしれません。

非公式の動画なので、「違法なもの」「危険な広告が配信される」「ウイルスサイトの可能性」など

危険があると思った上で自己責任で視聴してください。

 

 うちのPCはノートンが入っていますが、こういったサイトにアクセスすると「◯◯をブロックしました」というアラートがしっかり出ます。ウイルス対策をしていない人は要注意です。

動画共有サイト一覧

You Tube

https://www.youtube.com/
※フリドラなどは、You Tubeに上がっているドラマ動画をまとめているサイトです。

Drama3S
(HDFree)

http://drama3s.com/

おすすめの記事