紹介している作品は、時点の情報です。

現在は配信終了している場合もありますので、詳細は動画配信サイト公式ホームページにてご確認ください。

「凪のお暇」第5話の見逃し配信はこちら

最新話の見逃し配信はこちら

第1話~全話までまとめて「凪のお暇」を見るなら

\Paravi(パラビ)なら第1話~全話すべて視聴可能/

::::: まずは2週間無料体験!! :::::

「Paravi(パラビ)」はこんなサービスです。

Paravi(パラビ)は、プレミアム・プラットフォーム・ジャパン (PPJ) が運営するインターネットテレビサービスです。TBS、テレビ東京、WOWOWが出資しているため、TBSやテレビ東京系、WOWOWの動画が充実しています。

 

  • 月額1,017円(税込)※
  • 2週間の無料体験ができる
  • 見放題作品数が多いからイッキ見におすすめ

※iTunes Store決済でParaviベーシックプランに契約した場合の月額利用料金は1,050円(税込)です

「凪のお暇」第5話のネタバレ・あらすじまとめ

第5話「恋心の行方…芽生えた感情…関係は新展開へ」8月16日22時放送

公式サイトのあらすじ #05「号泣する男が救いたかったもの」

ゴン (中村倫也) に恋をし “闇堕ち” してしまった 凪 (黒木華)。心配した 慎二 (高橋一生) は雨が降る中、凪に会いに行く。しかし、素直な気持ちを伝えられない慎二は、またしても凪を過呼吸に追い込みそうになってしまう。
凪はたまたま通りかかった みすず (吉田羊) と うらら (白鳥玉季) の親子に助けられ、そのまま2人の家に行く。久々にうららの顔を見て、みずずの手料理を食べて、凪は自分がいつからうららと遊んでいないか、いつから自炊をしていないかと考える。

一方、慎二は風邪をこじらせながらもスナック 「バブル」 へ行くが、店は2号店開店準備のため閉まっていた。
翌日、凪は 緑 (三田佳子) に誘われてラジオ体操に参加する。自堕落な生活を続けていたため、久々に日差しを浴びてふらつきながらも買い物へ。
その帰り道、ママ友3人とランチしているみずずの姿を見つける。妙な空気を感じ取った凪は、そっと様子をうかがうことに。
そして、自分の部屋に戻り、見渡した凪は、すっかりしおれた豆苗や、相棒の扇風機にタオルがかけられていることに気づく。そこにゴンが訪ねてくるが…。

引用元:https://www.tbs.co.jp/NAGI_NO_OITOMA/story/story05.html

あらすじ(ネタバレ)あり

「凪のお暇」第5話の感想・レビュー

「凪のお暇」の作品紹介

TBS では、2019年7月19日よる10時スタートの金曜ドラマ枠で 『凪のお暇』(なぎのおいとま) を放送する。原作は、月刊誌 「Elegance イブ」(秋田書店) で連載中のコナリミサトによる同名漫画。2017年に1巻が発売されると口コミで話題となり、現在累計250万部を突破 (1〜5巻)。過去には漫画 「東京タラレバ娘」 や 「中学聖日記」 などが大賞に選ばれ話題となった「anan マンガ大賞」 の第8回受賞をはじめ、“友達に勧めたくなる漫画” を選考のコンセプトにしている 「マンガ大賞」 では第11回、第12回と2年にわたりノミネート。さらに、「宝島社このマンガがすごい!2019オンナ編」 では3位に選ばれ、「第22回文化庁メディア芸術祭・マンガ部門」 では優秀賞に選ばれるなど数々の賞を受賞している。そんな大人気漫画が TBS 7月期の金曜ドラマ枠で待望の実写化となる。

『凪のお暇』アバウト:https://www.tbs.co.jp/NAGI_NO_OITOMA/about/

 

「凪のお暇」第5話 出演者・キャスト

  • 大島凪 - 黒木華
  • 安良城ゴン - 中村倫也
  • 白石うらら - 白鳥玉季
  • 白石みすず - 吉田羊
  • 吉永緑 - 三田佳子
  • 我聞慎二 - 高橋一生
  • 足立心 - 瀧内公美
  • 江口真央 - 大塚千弘
  • 織部鈴 - 藤本泉
  • 市川円 - 唐田えりか
  • 小倉康明 - 谷恭輔
  • 井原亮 - 田本清嵐
  • 会長 - 森本レオ
  • エリィ - 水谷果穂
  • ノリ - 松永拓野
  • タカ - ディウフ・モクタール
  • ママ - 武田真治
  • 杏 - 中田クルミ
  • 坂本龍子 - 市川実日子
  • 深田カナ - 岡本杏理
  • 大島夕 - 片平なぎさ
  • 我聞慎介 - 利重剛
  • 我聞加奈子 - 西田尚美
  • モル - 古川琴音
  • OL・中岡さつき - ファーストサマーウイカ

 

「凪のお暇」の公式情報

 

「凪のお暇」第5話の最新情報

Error: Feed has an error or is not valid.

おすすめの記事