ネット興亡記 見逃し動画無料フル配信
紹介している作品は、時点の情報です。

現在は配信終了している場合もありますので、詳細は動画配信サイト公式ホームページにてご確認ください。

第1話~全話までまとめて「ネット興亡記」を見るなら

\Paravi(パラビ)なら第1話~全話すべて視聴可能/

::::: まずは2週間無料体験!! :::::

「Paravi(パラビ)」はこんなサービスです。

Paravi(パラビ)は、プレミアム・プラットフォーム・ジャパン (PPJ) が運営するインターネットテレビサービスです。TBS、テレビ東京、WOWOWが出資しているため、TBSやテレビ東京系、WOWOWの動画が充実しています。

 

  • 月額1,017円(税込)※
  • 2週間の無料体験ができる
  • 見放題作品数が多いからイッキ見におすすめ

※iTunes Store決済でParaviベーシックプランに契約した場合の月額利用料金は1,050円(税込)です

最新話の見逃し配信はこちら

「ネット興亡記」のネタバレ・あらすじまとめ

産業革命以来の大変革を起こしたインターネット。
日本でも、そんなインターネットに魅了された若き起業家たちが、
ヤフーやLINE、メルカリなどを生み出した。
しかし、これまでの道のりには、ネットバブルの崩壊やライブドア事件など
数々の荒波と決して諦めない起業家たちの挑戦の物語があった。
新聞記者の杉山(藤森慎吾)は、IT起業家たちは一体何を考え感じていたのか、
真実を知りたいと「ネット興亡記」の取材を始め、
知られざる彼らの野望や苦悩を明らかにしていく。

第5話06/25(木)0時58分放送「孫正義とYahoo!」

#5 あらすじ

「Yahoo!JAPAN」 日本のインターネットの夜明けからポータルサイトとして一時代を築いた巨人。
その巨人を生み出した孫正義。1995年、30代の孫正義と誕生したばかりの「Yahoo!」を繋いだものとは一体なんだったのか・・・日本初のITジャイアントを目指すヤフーは、起業家・孫正義の事業拡大の土台となった。孫が見据えるその先の世界とは一体・・・・...

第4話06/18(木)0時58分放送「逆襲のLINE」

#4 あらすじ

2011年突然現れた「LINE」。今や日本のSNS界の巨人ともいえる「LINE」だが、急成長の突破口を開いたのは、一度は敗れ去った者たちだった。そして、その中心にいたのは2000年代に事件を起こした、あのライブドアの残党たち。敗者復活の大きな要因となったものとは果たして何だったのか、、、誰もが忘れることが出来ない東日本大震災で得た教訓で、この先どんな世界を思い描くのか、、、...

第3話06/11(木)0時58分放送「メルカリの野望」

#3 あらすじ

月間利用者が1500万人を超えるなど日本を代表するアプリに成長した「メルカリ」。「オーラ無し」「目立たない存在」と自分は凡人だと語る創業者、山田進太郎。凡人がいかにして急速に「メルカリ」を成長させることができたのか、、、世界一周の旅を終えてたどり着いた得たヒントとは、そして、知られざる盟友との別れ。最終的に目指す彼の世界には、我々が想像できない覚悟がそこにはあった、、、...

第2話06/04(木)0時58分放送「インターネットの夜明け」

#2 あらすじ

「50歳手前で自己破産か、、、」 1992年日本初のインターネット事業を始めた男の名は鈴木幸一。
まだ誰も知らない未知の技術が世界を変え、世界を制すると確信して起業を決意するも、そこには「規制」という国の大きな壁や「資金難」という大きな問題が立ちはだかっていた。そしてあの大災害と大事件がインターネットの未来に大きな影響を与えることになるとは誰も知る由がなかった、、、...

第1話05/28(木)0時58分放送「ネットバブルの攻防」

#1 あらすじ

2000年、「サイバーエージェント」を最年少上場させた藤田晋を待っていたのはネットバブルの崩壊と買収の危機だった。ライブドア堀江貴文、M&Aコンサルティング村上世彰、そして自身の起業の後押しをしてくれたUSEN-NEXT HOLDINGS宇野康秀といった日本代表する経営者やIT起業家達との出会いや闘いの日々、、、「万事休す」絶対絶命の藤田晋を救ったのは思いもよらないあの起業家だった、、、...

「ネット興亡記」の作品紹介

「ネット興亡記」出演者・キャスト

  • 杉山 - 藤森慎吾

「ネット興亡記」の主題歌・挿入歌

「ネット興亡記」の原作

「ネット興亡記」の再放送情報

現在のところ、再放送の予定はありません。 >> 第1話からドラマ動画を見る

「ネット興亡記」の公式情報

動画共有サービスで無料でドラマ視聴

テレビドラマの公式配信サービスは全部で3種類です。

  • 放送終了後1週間以内の見逃し配信(Tver・動画配信サイト)
  • 1週間以上たったドラマ動画(動画配信サイト※有料)
  • ドラマの予告CM(YouTube)

これ以外のインターネット上で閲覧できる動画は、個人が勝手にアップロードしているものです。

 

検索しているとたどり着いて、ドラマ動画を見ることができるかもしれません。

非公式の動画なので、「違法なもの」「危険な広告が配信される」「ウイルスサイトの可能性」など

危険があると思った上で自己責任で視聴してください。

 

 うちのPCはノートンが入っていますが、こういったサイトにアクセスすると「◯◯をブロックしました」というアラートがしっかり出ます。ウイルス対策をしていない人は要注意です。

動画共有サイト一覧

You Tube

https://www.youtube.com/
※フリドラなどは、You Tubeに上がっているドラマ動画をまとめているサイトです。

Drama3S
(HDFree)

http://drama3s.com/

おすすめの記事