同期のサクラ 見逃し動画無料フル配信
紹介している作品は、時点の情報です。

現在は配信終了している場合もありますので、詳細は動画配信サイト公式ホームページにてご確認ください。

第1話~全話までまとめて「同期のサクラ」を見るなら

\Hulu(フールー)なら第1話~全話すべて視聴可能/

::::: 2週間無料体験キャンペーン実施中 :::::

「Hulu(フールー)」はこんなサービスです。

Hulu(フールー)は、アメリカの動画配信サービスです。日本版Hulu(hulu.jp)は日本テレビの子会社が運営。日本テレビの番組やヤフーで有料配信されていた作品が充実しています。

  • 月額933円(税抜)
  • 2週間は無料で利用できる
  • アメリカ発のサービスだから海外ドラマ作品数が多い

「パンドラ」「デイリーモーション」「ユーチューブ」などの動画共有サイトでの視聴について知りたい方はこちら

>> 動画共有サービスで無料でドラマ視聴

もくじ

「同期のサクラ」のネタバレ・あらすじまとめ

北の小さな離島から、1人上京した主人公、サクラ。
大手ゼネコンの入社式で、
「私の夢は、故郷と本土を結ぶ橋を架けること!」と社長に宣言。

夢に向かって、脇目も振らず突き進むサクラに、
最初は、冷めていた同期達も、次第に巻き込まれていく。

しかし、配属に影響する大事な新人研修で、
社長の理不尽な言動に、サクラの「忖度できない」性格が、
思わぬ事態を引き起こす…。

これは、どんな逆境にも自分を貫いたサクラと、
その同期たちの10年間の記録-。

第1話10/09(水)22時00分放送「忖度できない女・サクラが走ると何かが起こる?!」

#1 あらすじ

病院のベッドに横たわり、意識の戻らないまま人工呼吸器につながれた女性・北野桜(高畑充希)。知らせを受け彼女の元に駆けつけたのは、携帯にたった4人だけ連絡先が登録されていた会社の同期、百合(橋本愛)、葵(新田真剣佑)、菊夫(竜星涼)、蓮太郎(岡山天音)だった。

第2話10/16(水)22時00分放送「人事部に配属されて社会人2年目を迎えたサクラ」

#2 あらすじ

眠り続けるサクラ(高畑充希)の病室。サクラの意識が戻ると信じて見舞いに訪れた菊夫(竜星涼)は、「自分にしか出来ないことをやるよ」と話しかけ、社会人2年目のある出来事に思いを馳せていた……。
2010年5月―。サクラは花村建設人事部で社会人2年目を迎えていた。その忖度できない性格は相変わらず。

第3話10/23(水)22時00分放送「ブス!ブスブスブス!!」

#3 あらすじ

2011年3月、東日本大震災前日―。間もなく入社3年目を迎えるサクラ(高畑充希)は会社の採用パンフレット作りのため広報部の百合(橋本愛)と協力することに。男社会のゼネコンで本音を殺して働いてきた百合が、セクハラを受けてると知り、サクラの忖度なしの行動が騒動を巻き起こす。さらに震災の混乱で対応に追われる中、サクラは百合が寿退社すると聞き

第4話10/30(水)22時00分放送「サクラもお手上げ?!蓮太郎がヒジョーにマズい」

#4 あらすじ

サクラ(高畑充希)は社史編纂部から黒川(椎名桔平)とすみれ(相武紗季)のいる人事部に戻り、社員のためのメンタルケアプロジェクトを担当することに。各部を回る中で、ネガティブ思考で、自分の殻に閉じこもる蓮太郎(岡山天音)がイジメを受けていることを知る。あるきっかけで無断欠勤を続ける蓮太郎だが、このままではクビになってしまうと聞いたサクラは同期の力を借りようとするが……。

第5話11/6(水)22時00分放送「葵のメッキが剥がれる!サクラと葵がヒジョーに近い」

#5 あらすじ

2013年9月。美咲島に架ける橋の着工が無期延期になったまま人事部で入社5年目を迎えたサクラは、夢を諦めずに相変わらずの日々を過ごしていた。そんな中、人事部では黒川(椎名桔平)が社員の社内表彰に関する仕事をいつものようにすみれ(相武紗季)に丸投げ。社内告知の手配を頼まれたサクラは、葵が社長賞を受賞したことを知る。

第6話11/13(水)22時00分放送「左遷続きのサクラがついに忖度!?「やっぱり辛いのかも──」」

#6 あらすじ

子会社に飛ばされ社会人6年目を迎えたサクラ(高畑充希)は、その信念に密かな迷いを抱き始めていた。一方サクラを気にかけつつも人事部で仕事と子育ての両立に追われるシングルマザーのすみれ(相武紗季)は、社長案件の “女性研修セミナー”を任され、講演予定の女性評論家の理不尽な要望に振り回される。そんな中、娘のつくしが学校で問題を起こし娘との関係にも亀裂が!すみれの心は折れてしまい……。

第7話11/20(水)22時00分放送「どうしてサクラばっかりこんな目に…サクラの夢がヒジョーにマズい」

#7 あらすじ

2015年11月。サクラは花村建設の子会社に飛ばされたまま、社会人7年目を迎えていた。故郷の島に架かる橋が着工し、直接工事には関われないものの祖父の柊作(津嘉山正種)と共に橋を渡るのを楽しみにするサクラ。しかしなぜか最近「橋は架からない」という不吉な夢ばかり見ることに不安を感じていた……。

第8話12/4(水)22時00分放送「壊れたサクラ、もう前のようには戻れない。ヒジョーに哀しい」

#8 あらすじ

2016年11月。自らの決断で夢だった故郷の橋の建設を諦めたサクラは、祖父・柊作(津嘉山正種)を亡くしたショックも重なり、重度の喪失感に襲われたまま社会人8年目を迎えていた。もう一つの夢である“同期の仲間と沢山の人を幸せにする建物を作ること”を心の支えになんとか仕事を続けるサクラだったが

第9話12/11(水)22時00分放送「目覚めたばかりのサクラのド正直っぷりが健在すぎてヒジョーにマズい!?」

#9 あらすじ

2019年12月―。サクラ(高畑充希)が9ヶ月間の長い眠りからついに、目覚めた。翌日。知らせを受け病室に駆けつけた同期の四人は、意識の戻ったサクラとの再会に喜ぶ。そんな中、サクラは退職を引き延ばそうとしてくれた黒川(椎名桔平)の力も及ばず、自分が花村建設から解雇されたことを知る

最終回・第10話12/18(水)22時00分放送「不幸のどん底までいったサクラが一転!権力者に?!ブラックサクラがヒジョーに強烈」

#10 あらすじ

2020年4月―。満開の桜の下にサクラ(高畑充希)の同期四人が集まっていた。花村建設の新入社員として出会ってから11年。今はバラバラの道を歩む同期たちは「まさか、最後にあんなことになるとは」と、サクラの激動の人生を振り返っていた……

「同期のサクラ」の作品紹介

「同期のサクラ」出演者・キャスト

  • 北野桜(サクラ) - 高畑充希
  • 月村百合 - 橋本愛
  • 木島葵 - 新田真剣佑
  • 清水菊夫 - 竜星涼
  • 土井蓮太郎 - 岡山天音
  • 北野柊作 - 津嘉山正種
  • 脇田草真 - 草川拓弥
  • 中村小梅 - 大野いと
  • 火野すみれ - 相武紗季
  • 黒川森雄 - 椎名桔平

「同期のサクラ」の主題歌・挿入歌

「同期のサクラ」の原作

同期のサクラは、脚本家 遊川和彦氏のオリジナル作品です。

「同期のサクラ」の再放送情報

現在のところ、再放送の予定はありません。

>> 第1話からドラマ動画を見る

「同期のサクラ」の公式情報

動画共有サービスで無料でドラマ視聴

テレビドラマの公式配信サービスは全部で3種類です。

  • 放送終了後1週間以内の見逃し配信(Tver・動画配信サイト)
  • 1週間以上たったドラマ動画(動画配信サイト※有料)
  • ドラマの予告CM(YouTube)

これ以外のインターネット上で閲覧できる動画は、個人が勝手にアップロードしているものです。

 

検索しているとたどり着いて、ドラマ動画を見ることができるかもしれません。

非公式の動画なので、「違法なもの」「危険な広告が配信される」「ウイルスサイトの可能性」など

危険があると思った上で自己責任で視聴してください。

 

 うちのPCはノートンが入っていますが、こういったサイトにアクセスすると「◯◯をブロックしました」というアラートがしっかり出ます。ウイルス対策をしていない人は要注意です。

動画共有サイト一覧

You Tube

https://www.youtube.com/
※フリドラなどは、You Tubeに上がっているドラマ動画をまとめているサイトです。

Drama3S
(HDFree)

http://drama3s.com/

おすすめの記事